薬アレルギーってどんな症状?

薬にまつわる素朴なギモン

薬アレルギーってどんな症状?

アレルギーは、食品や動物の毛だけではなく、薬によっても引き起こされます。体内に取り込まれた成分に、自己免疫系が過剰反応することでさまざまな症状が起こるものです。 すぐに治まる軽いものから、その場で呼吸困難を起こすものまで非常にさまざまです。少しでも相性の悪い薬は、避けるようにしましょう。


薬アレルギーってどんな症状?

人によって、アレルギーの起こる薬は多種多様ですが、特に起こりやすいとされるのは、抗菌薬や解熱鎮痛剤、抗けいれん薬などです。また糖尿病や高血圧といった生活習慣病の薬も、比較的アレルギーが起きやすいといわれています。

症状も人によりさまざまですが、皮膚にじんましん(薬疹)ができる、下痢をする、高熱が出る、などが代表的です。かならずしもすぐに現れるわけではなく、使っていて1週間以上たってからアレルギー反応が出ることもあります。

正確な診断を下すためには、原因として疑わしい薬を少量ずつ投与しながら、薬疹が出るかどうかを確認するテストがおこなわれます。その他、パッチテストや血液検査なども実施し、原因薬剤を確定します。

軽症の場合は、その薬の使用をやめれば症状は消えますが、重症の場合はステロイド薬などを用いることもあります。特に重篤な場合、点滴治療のために入院することもあるほどです。


1番怖いアナフィラキシーショック

薬アレルギーの症状の中でも、もっとも危険度が高いものがアナフィラキシーショックです。急性アレルギー反応の1つで、薬疹のほか、呼吸困難やめまい、意識障害、血圧低下などが2つ以上組み合わさる場合を指します。

命に関わる症状であり、その場でショック死してしまうこともある恐ろしいものです。予防接種などを受けた後、しばらく院内で様子を見ましょうといわれているのには、こういった理由があります。アナフィラキシーショックが起こるのはたいてい、原因となる薬を投与してからすぐのことです。

薬では、ペニシリンなどの抗生物質が、アナフィラキシーショックを起こしやすいことで有名です。薬の他にも、ハチの毒や、ソバなどの食べ物によっても起こります。学校給食で、アレルギーの原因となる食べ物を誤って食べてしまったために、アナフィラキシーショックを起こして亡くなってしまった子どももいました。

初めて使用する薬の場合は、念のため一定の時間、様子の変わったところはないかをチェックすることが大切です。