子どもが薬を飲んでくれない時は?

薬にまつわる素朴なギモン

子どもが薬を飲んでくれない時は?

子どもをもつお母さんにとって、薬の飲ませ方に悩むことは多いものです。「何をしても飲んでくれない」「飲んでも吐いてしまう」…そんなよくあるギモンを集めてみました。


とにかく飲んでくれない!

そもそも薬が好きな子はあまりいません。甘いシロップなら、ジュースのようにごくごく飲んでくれる子もいますが、それさえ嫌がる子も多くいます。こっそり他のものに混ぜてみても、一度それがバレると猜疑心のかたまりになって、それ以降絶対口に入れようとしないデリケートな子もいるほどです。

まず液状の薬の場合、スポイトを活用しましょう。舌の上に乗せると吐き出してしまう可能性があるため、ほっぺのほうに少量ずつ垂らすようにします。1度にドバッと入れてしまうと、むせたり吐いたりしてしまいますので気をつけましょう。

粉薬はもっとも難関と感じるお母さんが多いと思います。アイスクリームや、お薬用のゼリーに混ぜて食べてくれるならそれでもいいですが、もっと簡単なのは少量の水で練ったものを、直接子どものほっぺやアゴの内側に塗りつけることです。その後、水か白湯を飲ませましょう。基本的には、食べ物に混ぜるよりもこの方式で行くことをおすすめします。

子どもによっては、どんなに親が混ぜても敏感に見抜いてしまい、その食べ物自体を受け付けなくなることもあります。特にミルクは危険です。まだミルクが必要な時期なら、今後飲んでくれなくなるリスクがあるため注意しましょう。 複数の薬を出されている場合は、別々に飲ませたほうが味は変にならずに済みます。


薬を吐きだしてしまった時は?

吐きだした量にもよりますが、少しならそのままで良いでしょう。ほぼすべて吐き出してしまった場合は、再びトライします。ただしこれは飲んでからまもない時のことで、30分ほど経過しているなら既に成分は吸収されていますので、飲み直す必要はありません。

また乳幼児の場合、1日3回かならず食後に飲むことはなかなか難しいものです。起きている時間に合わせながら、前回の服用から6時間ほどを目安に飲ませましょう。食事のタイミングでなければ、何かお菓子やミルクを1口おなかに入れさせてからでOKです。

小さな子に処方される薬では、たいてい胃腸に負担のかかる成分は使われていません。何がなんでも食後にこだわりすぎる必要はないですし、空腹時のほうがスムーズに飲んでくれるなら食前でもかまわないでしょう。心配な時は、念のため医師に相談してみてください。