市販薬の「第1類」「第2類」って何?

薬にまつわる素朴なギモン

市販薬の「第1類」「第2類」って何?

ドラッグストアで売られている市販薬は、正式には「一般用医薬品」や「OTC医薬品」といいます。処方箋の必要な薬と比べると、副作用リスクが低いものが多いのですが、そのリスク度合いに応じて「第1類~第3類」に分類されています。


もっとも取扱いが厳しい「第1類」医薬品

市販薬の中でも、もっとも慎重な取り扱いを求められているのが「第1類医薬品」です。副作用リスクの比較的高いものや、発売されたばかりの薬、もしくは処方薬から市販薬に切り替えられた「スイッチOTC医薬品」などが含まれます。

第1類の薬は、薬剤師のいる店舗でしか販売してはいけないことになっており、お客さんが自由に手に取れないところに陳列してあることがほとんどです。そして購入する際には、薬剤師に症状を話したり、使用上の説明を受けたりする必要があるとされています。 2014年には市販薬のネット販売が解禁されましたが、その中でも一部の第1類は対面販売に限るとして除外されているほどです。

特にスイッチOTCと呼ばれる薬は、発売後はほぼ必ず第1類に指定されます。スイッチOTCは、もともと処方箋の必要だった薬を、成分量を少な目にするなどして市販薬に切り替えたものです。有名なところでは「ロキソニンS」や「ガスター10」(いずれも第一三共ヘルスケア)などがあります。

ただしこれらの薬もある程度長い間使用された後、第2類に変更されることもあります。


もっとも多い「第2類」医薬品

第2類医薬品は、第1類の次に副作用リスクが高いとされるグループです。現在、市販薬の大部分が第2類に属しています。また登録販売者による販売が認められており、第1類ほど厳しく取り扱われていません。

ただし第2類の中でも、「指定第2類医薬品」に該当するものは特に慎重に使用するべきとされています。たとえばイブプロフェン配合の風邪薬や、一部の水虫治療薬、痔の薬などです。これらの薬では、商品の箱の「2」の数字が枠で囲って表示されています。


副作用リスクの低い「第3類」医薬品

市販薬の中でもっともリスクが少ないとされるのが、第3類です。たとえば目薬や、一部の便秘薬、ビタミン剤や湿布類などが多く含まれます。 もちろん薬であることに変わりはありませんが、商品説明の義務がなく、消費者が自由に手に取って購入できる薬です。


よく見かける「医薬部外品」とは?

上記のほか、便宜上「第4類」とも呼ばれるものに「医薬部外品」があります。副作用リスクがきわめて低く、医薬品と化粧品の中間という位置づけになっています。

基本的に薬のような効能をうたうことはできないものの、何らかの改善効果をもたらすとする商品で、たとえば薬用せっけんや薬用歯磨き、入浴剤、栄養ドリンクなどが含まれます。

また市販薬から医薬部外品に移ったものもあり、それらは「指定医薬部外品」となっています。たとえば「新ビオフェルミンS」などの整腸剤や、のどスプレー、トローチなどです。

ドラッグストアで商品を購入する時は、改めてパッケージの表示を見てみるのも興味深いかもしれませんね。