風邪に風邪薬は使ったほうがいいの?

薬にまつわる素朴なギモン

風邪に風邪薬は使ったほうがいいの?

風邪とは、病名ではありません。「風邪菌」というものが存在するわけではなく、さまざまなウイルスが鼻や喉から侵入してくることで、炎症などが起こった状態を便宜上「風邪」と呼んでいます。 病名がつくものではない以上、特効薬も存在しないのですが、私たちは風邪をひくとすぐに総合感冒薬を使用したりします。このことについては、賛否両論があるようです。


症状がつらい時は緩和を

風邪薬とは、すなわち症状を緩和させるためのものです。鼻水や喉の痛み、発熱などを一時的に抑えるもので、それは市販薬でも処方薬でも同じです。

つまり風邪薬を飲んでも、風邪そのものが治るわけではありませんし、予防もできません。このようなことから、風邪薬は特に必要ない、と主張する人たちも大勢います。むしろ、理由があって出ている症状を薬で押さえ込んでしまうのは、体に良くないという考えもあります。

たとえば咳はウイルスを排出しようとして出るものですし、熱も風邪が悪さをしているのではなく、体がウイルスを殺そうとして体温を上げているのです。体の自然治癒力に任せて、症状を出し切ったほうがいいとするのは東洋医学の考え方ですが、これにも一理あるでしょう。

しかしすべての人が、自然治癒力を十分に持ち合わせているわけではありません。体力的に十分でなく、症状がつらすぎる人は、風邪薬で緩和させることで体力を維持できるのもまた事実です。何がなんでも薬に頼らない、と決め込んでしまうことも危険ですので、その時その時の自分の体と相談しながら、薬を過信するのではなく、あくまで活用することが大切といえるでしょう。


抗生物質が必要なケースも

また、風邪がきっかけとなって細菌感染が起こることもあります。たとえば肺炎を併発したり、副鼻腔炎になったりするケースです。そのような場合は抗生物質を使う必要があります。

風邪自体は細菌ではなくウイルスによるものですので、基本的に抗生物質は不要ですが、最初はウイルス感染であっても、免疫力が落ちることで二次的に細菌感染が起こることもあるのです。

最近では耐性菌の問題から、不要な抗生物質は使わない方向に来ています。むやみやたらに抗生物質を使うことで、菌が耐性を身につけることがあるからです。しかし風邪でも、症状によっては抗生物質が必要なケースもありますし、特に小さい子どもや高齢者など、体力が十分ではない患者さんには予防的に処方されることも少なくありません。

そのような時には、決められた期間だけきっちり飲むようにして、耐性菌が生まれる前に細菌をやっつけてしまうことが大切です。必要な薬なら指示に従って使用するようにしましょう。