薬の飲み合わせと食べ合わせ | 薬は正しく飲みましょう

薬にまつわる素朴なギモン

薬の飲み合わせと食べ合わせ

薬は飲み合わせや食べ合わせによって悪影響を及ぼす場合があります。そういったことのないように注意が必要ですので、まずは正しい知識を身に着けておきましょう。

悪影響を及ぼすことを相互作用と言いますが、この相互作用によって薬が強く効きすぎたり反対に効き目が弱くなる場合もあります。

こういった相互作用を防ぐためにも、他に飲んでいる薬がある場合などは医師や薬剤師に伝えるように心がけましょう。


飲み合わせと食べ合わせ

薬の飲み合わせと食べ合わせには注意が必要です。日常的に摂取している方も多いお茶やコーヒーですが、これらに含まれているカフェインが影響を及ぼす場合がありますので気を付けましょう。カフェインが含まれている飲み物としましては、お茶やコーヒーの他にも紅茶やウーロン茶などがあげられます。カフェインには興奮作用があることでも知られていますが、例えば鎮静薬と一緒に服用した場合、十分な効果が得られません。

他にも、カフェインは血液を固めるために必要とされている物質の血中濃度を上昇させますので、抗凝血薬などの効き目が抑制されてしまいます。組み合わせによっては、薬の効果に影響を及ぼす場合もありますので気を付けましょう。

その他の良くない組み合わせの例としましては、抗菌薬・抗生物質と牛乳・ヨーグルト、睡眠薬とアルコール、抗結核薬とマグロ・チーズ、降圧薬とグレープフルーツジュース、ワルファリンと青汁・納豆、総合感冒薬とコーヒー・コーラなどがあげられます。

抗菌薬・抗生物質を牛乳といっしょに飲むことによって消化管からの吸収率が低下してしまいます。50%くらい低下するというデータもありますので、十分な効果が得られているとは言えません。他にも胃腸薬や便秘薬を服用する際も注意が必要です。牛乳といっしょに飲むことによって薬が胃で溶けて気分が悪くなる場合もありますので注意が必要です。

また、降圧薬とグレーププフルーツジュースをいっしょに飲むと血圧が下がり過ぎてしまうためおススメできません。 いずれも身近な食べ物や飲み物なのでうっかり口にしてしまうこともあるかもしれませんが、気を付けることをおススメします。不安な場合は、念の為医師や薬剤師に確認しておきましょう。


お薬手帳

お薬手帳の活用をおススメします。さまざまな病院で処方された薬をお薬手帳で管理しておくと非常に便利だと言えます。過去に使用した薬が一目瞭然ですので、健康管理をする上でも自身の強い味方になるでしょう。

アレルギーや副作用歴などを記入しておくと、これらを未然に防ぐことも可能ですし、薬剤師にとっても参考になると言えます。より明確にするためにもお薬手帳は一冊にまとめて、薬を処方してもらう際には忘れないように持参しましょう。

薬を処方してもらうということは、どこか体調が悪い場合が多いと言えます。せっかく処方してもらうのですから、効果を最大限に引き出せるように気を付けましょう。

良くない食べ合わせの食品やカフェインが入った飲み物はいずれも身近なものですので、誰にでも起こり得ることだと言えます。医師や薬剤師に相談するとともに自分自身でもしっかりと正しい知識を身に着けておきましょう。