薬を飲むタイミング | 薬は正しく飲みましょう

薬にまつわる素朴なギモン

薬を飲むタイミング

薬を飲む時間に疑問を持ったことがある方も多いのではないでしょうか。食後と指示される場合が多いかと思いますが、中には食前や食間と指示される場合もあります。その時々の症状によってさまざまですが、それぞれの服用するタイミングを頭に入れて知識として身に着けておきましょう。


食前

食前というのは、食事の前の30分前のことを言います。積極的に胃を動かすような薬の場合は食前に飲むことが多いでしょう。また、ノロウイルスなどの場合も吐き気を抑制するために食前に服用する必要性があります。

食事をする時に効果を発揮させることを目的としていますので、食事の直前ではなくて、可能な限り30分前くらいに飲むようにすることをおススメします。


食後

食後というのは、食後30分以内をあらわします。空腹の時に服用すると胃が荒れてしまう可能性がある場合や、より吸収性を高めるために食べ物と一緒に服用するといった目的がありますので、なるべく守って服用するように心がけましょう。

消化を助けるような薬は胃を積極的に動かすために食前に飲むものと食直後に飲んで消化機能の働きを促すものがあります。食後30分以内が難しい場合などは食直後でも問題はありませんので、飲み忘れるといったようなことのないようにしましょう。


食間

食間という指示のある薬もあると思いますが、食間とは空腹時のことをあらわします。漢方薬などに多いのですが、その理由としましては有効成分の効果が最も出やすいのが空腹時だということと、副作用の軽減などがあげられます。漢方薬だからといって副作用が全くないわけではありません。アルカロイドを成分としたものなどは、その毒性を消す目的を含めて空腹時の服用が推奨されていると言えます。また、空腹時は胃の中が酸性になっていますので、アルカロイドの毒性を吸収しにくい状況にあります。そういったことからも特に漢方薬の場合は食間と指示される場合が多いと言えます。

食間と聞くと食事中と思う方もたまにいらっしゃいますが、そういうことではありません。空腹時を目安にして服用するように心がけましょう。

飲み薬を処方された場合、正しく服用した方が効果的ですので医師の指示に従いましょう。忙しくて飲み忘れた場合などの対処方法を確認しておくこともおススメします。神経質になり過ぎる必要はありませんが、適当になり過ぎるのはよくありません。食前・食後・食間のそれぞれの目的を知識として頭に入れておきましょう。

また、これらとは別に発作時や症状がひどい時に飲むのが頓服です。薬によっては服用する際に間隔をある程度あけなければならないものや1日に何回までと決まっている薬もありますので、医師や薬剤師に確認しておくと安心です。

他にも、症状によっては起き上がるのも辛い場合がありますが、寝ながら服用すると喉に引っかかってしまう場合もありますので注意が必要です。なるべく身体を起こしてコップ一杯の水とともに服用するように心がけましょう。 せっかく処方してもらって薬を飲むのですから、最大限に効果を引き出して少しでも早く症状を改善することをおススメします。そのためにも薬を飲むタイミングには十分に気を付けましょう。