ジェネリック医薬品とは?

薬にまつわる素朴なギモン

薬

ジェネリック医薬品って何?

最近、病院や薬局のポスターなどでよく見かけるようになったのが「ジェネリック医薬品」という文字です。これは専売特許の切れた薬と同じ成分、同じ効果をもつ後発医薬品のことであり、先発薬より安価に買えるメリットがあります。 定期的に薬をもらっていて薬代がかかってしまう人、保険適用でない薬を使っている人にとっては、大きな節約につながるでしょう。


なぜジェネリック医薬品は安いの?

通常、薬の開発には数百億円単位のお金と、数十年にわたる長い年月がかかります。私たちが日常的によく使用している薬も、それだけの開発費用と期間によって作られたのです。

そのため新薬には特許期間が設けられ、一定の間だけは開発した製薬会社だけが製造・販売することを認められています。特許の申請から20年、最長で25年と決められていますが、実際は販売するよりずっと前に申請がおこなわれるため、世に出たころには既に残り年数がかなり短くなっています。 この特許が切れると、薬は公共の財産として扱われ、同じ有効成分を使ったジェネリック医薬品が登場するのです。

ジェネリックは先発薬にならって作られますので、開発や研究にかかる費用と年数をかなり抑えることができます。薬によっては、特許が切れてから1年以内に複数のジェネリック品が登場するほどです。

その分、料金も安く設定されるため、先発薬の3~7割程度で購入することができます。全額自己負担となる保険適用外の薬では、特に患者さんの負担は減るでしょう。


ジェネリック医薬品を処方してもらうには?

ジェネリック医薬品の普及は、健康保険でまかなう金額も大きく減らすことができるため、厚生労働省も力を入れています。さまざまな活動の結果、ジェネリック品を扱う薬局も増えてきましたが、まだまだ目標の普及率には達していません。 海外の先進国では5~6割を超えるシェアとなっていますが、日本ではまだ2割程度です。

まずは服用している薬にジェネリック品が出ているかどうかを確認し、あれば切り替えが可能かどうかを医師に確認しましょう。医師によっては安全性という観点から、ジェネリックに否定的な人がいるのも事実です。 問題なければ、今度はジェネリックを置いている薬局に処方箋を持って行き、相談します。

ただし、ジェネリック医薬品は先発薬とまったく同じ薬ではありません。効果の同等性は認められていますが、添加物や製法が若干異なるのが通常ですので、微妙な違いはあると考えましょう。
海外では、効果がほぼ同じであればかまわない、というのが共通の認識となっています。日本でも、今後ますますジェネリック品の普及は進んでいくものと思われます。
もっと詳しく知りたい方はコチラのサイトをお読みください。
https://www.hama1-cl.jp/viagrageneric/generic.html
医療機関のサイト内のコンテンツですが、ジェネリックについて深く掘り下げて解説していますので参考になるかと思います。内容は、ジェネリック医薬品が持つ問題点・ジェネリック医薬品とは?・同じ成分・同じ効き目は本当か?・「値段が安い」は、良いことだけ?・ジェネリック医薬品を勧めるのはなぜ?・薬について積極的に考えよう・ED治療薬とジェネリック医薬品、などが詳しく解説されています。