市販薬と処方薬について | 薬についての知識を身に付けましょう

薬にまつわる素朴なギモン

市販薬と処方薬について

薬にはさまざまな種類があります。頭痛や腹痛、風邪や肌荒れ、その時々の症状にあわせて必要な薬もさまざまで、それらの多くはドラッグストアで簡単に手に入れることができると言えます。それではドラッグストアで売られている薬と病院で処方してもらう薬は一体何が違うのでしょうか。世間では処方薬の方が効き目が高いといったことをよく耳にしますが、実際のところはどうなのか正しい知識を身に着けておきましょう。


市販薬と処方薬の違いについて

市販薬と処方薬の違いについて疑問に思う方も数多くいらっしゃいます。市販薬はドラッグストアなどで気軽に購入することができる薬で、処方薬は医師の処方箋がなくては手に入れることができない薬です。

また、市販薬は、総合的な薬で、一つの薬にさまざまな成分が入っている薬です。例えば頭痛薬の場合、半分近く胃薬の成分が含まれていたり、副作用や合併症を最小限に止めることを意識した含有量で作られていたりします。

成分の含有量が多ければ多いほどその時の症状に対して効き目が高いと言えますが、必ずしも処方薬の方が成分の含有量が多いとは言い切れません。

明確に知りたい場合はそれぞれの薬を検証する必要があると言えます。


風邪薬について

風邪薬に関して言いますと、市販薬には「総合風邪薬」というものがありますが、処方薬にはありません。「総合風邪薬」の一粒には諸症状に対する必要な成分が全て入っているため、咳やくしゃみ、鼻水やたんといった症状全てに対して有効だと言えます。もちろんその分一つ一つの症状に対する有効な成分は少ないと言えます。しかし、その薬が何に一番効き目があるのかは説明書に書かれている場合がありますので必ず目を通しておきましょう。


市販薬の副作用

市販薬に副作用が全くないわけではありません。場合によっては重大な副作用もあるということを頭に入れておきましょう。気軽に手に入れられることから身近に感じられますが、中には肝機能障害やショック症状といった副作用もあり、死に至ったケースもあります。

体内で吸収するものですので、慎重に服用することをおススメします。


市販薬のメリット

市販薬のメリットとしましては、何と言っても気軽に手に入れられるところにあると言えます。症状によっては起き上がることが困難で病院を受診するのも大変な場合もあります。そんな時に市販薬を飲んで症状が改善すればそれにこしたことはありません。

しかし場合によっては市販薬では効果を得られない場合もあります。そういった時は別の病気が潜んでいる場合も考えられますので、なるべく受診して医師の診察を受けたうえで自身に合った薬を処方してもらうようにしましょう。

市販薬は成分の含有量が少ないから処方薬よりも効き目が弱いという話も間違いではありませんが、安全性が高いといった見方もあります。

薬は時に人命にかかわるものでもあります。正しく服用すれば症状の改善に繋がりますが、誤った服用の仕方では十分な効果が得られません。

いずれにしても自己判断ではなくて医師や薬剤師に相談することをおススメします。薬を正しく服用して健康な身体を取り戻すように心がけましょう。