水以外の飲み物で薬を飲むのは危ない?

薬にまつわる素朴なギモン

薬を水以外のもので飲むのは危険?

内用薬(飲み薬)の説明書きには、「○錠を水かぬるま湯で服用する」と書かれているのをよく見かけます。しかし水のない場合、お茶やジュース、コーヒーなどで飲んでしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし薬を水で飲むべき理由はきちんとあり、それ以外のもので飲むと効き目に変化が出てしまうかもしれません。


水の量や温度も重要

飲み薬は、有効成分が溶け出すスピードや、その濃度を計算して作られています。水を基本に考えられていますので、他の飲み物で飲む、もしくは水なしで飲んでしまうと作用が変わってしまうおそれがあるのです。

たとえば何も水分がなくて、錠剤やカプセルをそのまま唾液で溶かしながら飲む人も時々います。そうなると当然溶けにくいため、薬の吸収が遅くなったり、効果が十分現れなかったり、もしくはうまく吸収されないまま便として出てしまう可能性もあります。 また喉に引っかかり、食道で溶けることによって潰瘍を作ってしまうこともあり得ます。水の量が十分でない時も同様ですので、なるべくコップ1杯分の水といっしょに飲みたいものです。

またぬるま湯なら問題はありませんが、熱いお湯の場合は薬の溶け方が異常に早まったり、もしくは薬の成分そのものを変えてしまう危険性もあります。特に「酵素剤」といわれるタンパク質で作られた薬は、熱湯で成分が分解されることがありますので注意しましょう。


水以外なら普通のお茶を

水が手元になく、ジュースや牛乳、お茶などで薬を飲んだ場合どうなるでしょうか? 薬にもよりますが、やはり水よりも吸収が悪くなり、効果が弱くなる傾向がみられます。

ただし緊急の場合は仕方ありません。水以外のものでも、飲まないより飲んだほうが良いでしょう。できれば緑茶やウーロン茶といった一般的なお茶にしたいところです。ただしお茶やコーヒーにはカフェインが含まれ、若干の興奮作用があるため、鎮痛剤などの効き目がやや低くなることはあります。

なるべく避けたいのが牛乳です。薬に反応する成分が多いことから、効き目が悪くなる可能性が高くなります。 もちろんアルコールは絶対厳禁です。肝臓は薬よりもアルコールのほうを先に分解するため、薬の血中濃度がごく高いまま吸収されてしまい、大変危険です。

他に気をつけたいのが、グレープフルーツジュースなどの柑橘系の飲料水です。血圧降下薬など、一部の薬にはいっしょに飲むことを禁忌とされているものもあります。これはグレープフルーツに含まれている「フラノクマリン」という物質に、薬の分解を遅らせる作用があり、効果が強く出てしまうためです。

薬を飲む際は、基本は水、なければやむを得ずお茶にしましょう。