スイッチOTC医薬品って?

薬にまつわる素朴なギモン

スイッチOTC医薬品って?

「スイッチOTC医薬品」という言葉を聞いたことはありますか?これはもともと処方箋が必要だった薬を、市販薬として使えるようにしたものです。セルフメディケーションの一環として上手に活用しましょう。


効き目のいい薬を、より手軽に使える

OTC医薬品とは、いわゆる市販薬のことです。OTCは「Over The Counter」の略で、カウンター越しに販売される薬、という意味があります。

そして、これまでは医師の処方箋が必要だった薬を市販薬に切り替えたものが「スイッチOTC医薬品」です。ある程度長い間使われてきて、その有効性や安全性が確認された成分を、量を少な目にするなどして市販薬に切り替えています。

スイッチOTC薬は1980年代から国内に登場しています。たとえば便秘薬の「コーラックソフト」は、「ラキソベロン錠」という処方薬を市販薬に切り替えたものですし、関節痛や筋肉痛に使われるインドメタシン配合のゲルは、処方薬の「インテバンクリーム」と同じ成分になります。

他にも「イブプロフェン」配合の風邪薬や、「ファモチジン」配合のH2ブロッカー胃腸薬、「ミノキシジル」配合の育毛剤(リアップ)などはいずれも処方薬が元となっているスイッチOTC薬です。 比較的新しいものとしては、禁煙治療薬の「ニコレット」や、消炎鎮痛剤の「ロキソニンS」などがあります。


スイッチOTC薬を活用してセルフケアをしよう

これまで市販薬というと「効き目の弱いもの」というイメージがありましたが、スイッチOTC医薬品の登場によってその常識が変わりました。「風邪をひいたけれど、病院に行くほどではない」「しばらく家で様子を見てみたい」という場合などに、セルフメディケーションの一環として大きく役立てることが可能です。

日本のように保険制度が充実していないアメリカでは、病院にかかると高額なため、非常に数多くのスイッチOTC薬が発売されています。風邪程度で病院にかかるアメリカ人はほとんどおらず、誰もがドラッグストアで薬を購入しているのです。 日本でも、少子高齢化にともなって国の医療費が大変なことになっています。特に診察の要らない状態であれば、もっと市販薬を活用したほうがいいでしょう。

ただし発売されて間もないスイッチOTC薬は、市販薬の中でもっとも慎重に取り扱われる「第1類」に指定されます。市販薬といえども副作用リスクなどはやはりありますので、説明書きをしっかりと読み、誤った使い方はしないように気をつけましょう。

ちなみに、グラクソ・スミスクライン株式会社がおこなった調査によると、市販薬に「第1類」~「第3類」までの分類があることを知っている人は、全体の約8割と多かったのですが、スイッチOTC薬のことを知っている人は約2割しかいなかったそうです。中には「薬剤師がいなくても購入できる薬」などの間違った認識を持つ人もいました。 スイッチOTC薬を使う際は、かならず用法と用量を守るようにしてください。