薬局のプライベートブランド商品は効くの? | 薬局にまつわるギモン

薬にまつわる素朴なギモン

薬局のプライベートブランド商品は効くの?

最近ドラッグストアへ行くと、薬の棚に価格の安いPB(プライベートブランド)商品を多く見かけるようになりました。その薬局チェーン独自のブランド品です。 製薬会社のNB商品(ナショナルブランド)と比べて安い上、近年では品質も大幅に向上しているといわれます。


PB商品は、今や「安かろう悪かろう」ではない!?

マツモトキヨシの「MK CUSTOMER」や、イオン系列の「HapYcom(ハピコム)」など、最近ではドラッグストアにPB商品が多く並べられています。薬のみならず、食品や雑貨、家電などにもPB商品が非常に増えてきましたが、これらはスーパーなどの小売業者がみずから企画している独自ブランドです。

ひと昔前までのPB商品は、コストを安く上げるために名もない中小メーカーに製造を依頼することが多く、品質面でやや劣る傾向が見られました。薬でも、いかにも有名ブランドの商品を模倣したようなパッケージにして、とにかく「安さで勝負」しているところが多かったものです。

しかし最近では大手メーカーと提携し、共同で開発するところが増えてきたことから、品質も大きく向上しているといわれます。たとえばマツモトキヨシの「MK CUSTOMER」は、協和薬品工業や塩野義製薬、第一三共や佐藤製薬といった有名企業が製造している商品がほとんどです。

やはり薬ですから、安ければそれでいいというものではなく、きちんとした効果が求められます。食品や雑貨ならPBを選んでも、薬となると有名ブランドのものを手に取る消費者は多いはずです。その意味でも、最近のPB商品は安心度が高いといえるでしょう。

特にマツモトキヨシの「MK CUSTOMER」は、そんな消費者の心理を熟知しているのか、外箱にもMKマークは小さく印字してあるだけで、NB商品と変わらないデザインが多く見られます。


PB商品のメリットとデメリット

またPBには、消費者の意見を商品に反映させやすいというメリットもあります。「家族みんなで使いたい」「パッケージの字を大きく読みやすくしてほしい」など、消費者から寄せられる声をとり入れながら商品を作りやすいのです。

一方、デメリットとしては「在庫を販売店が抱えることになるため、PB商品の売り込みが激しくなる」ことが挙げられます。製薬会社ブランドの商品であれば、売れ残ったものは返品することができますが、PB商品の場合は店が引き取ることになるからです。 そのため何かとPB商品をすすめられたり、スペースの関係でNB商品の陳列が少なくなったりすることもあります。

とはいえ品質面でもNB商品に決して劣らないものが増えていますから、節約のためにも1度使ってみることは悪くないでしょう。処方箋の必要な薬に、同じ効能でより価格の安いジェネリック医薬品があるように、今や市販薬にもPB商品がある、ということです。