温湿布と冷湿布、どちらを使えばいい?

薬にまつわる素朴なギモン

温湿布と冷湿布、どちらを使えばいい?

湿布薬には、温湿布と冷湿布がありますが、症状によりどちらを使えばいいのか悩む人もいるでしょう。基本的な考え方としては「急性の痛みは冷やす、慢性の痛みは温める」が目安となります。 選び方を誤ってしまうと、逆効果になることもありますので気をつけましょう。


熱や腫れをともなうかどうか?

何もしなくてもズキズキと痛んだり、患部が熱をもって腫れていたりする時には、冷湿布で炎症をとることが先決です。つまり打撲やねんざが起こって間もないうちは冷湿布、といえます。

冷湿布の効果としては、血管を収縮させることで、炎症を起こした患部の痛みを緩和させます。貼った時に感じるひやっとした感覚は、薬効成分であるメントールによる刺激です。

一方、肩こりや腰痛、リウマチといった慢性的な症状がある場合は、温湿布がおすすめです。打撲やねんざの場合は、数日間冷湿布で熱や腫れをおさえてから使いましょう。

温湿布の効果としては、血管を広げて血行を良くしながら、炎症を良くすることです。トウガラシエキスなどの成分によって、皮膚温度は3度ほど上昇するとされています。 両者を賢く使い分けて、痛みを軽減させましょう。


肌のかぶれに注意

湿布を使用する上で、気をつけたいのがかぶれです。毎回同じ位置に貼り続けては、どうしてもかぶれやすくなりますので、位置を微妙にずらすようにしてみましょう。

また入浴後1時間ほどは湿布を貼らず、肌を休ませることも大切です。貼る前にはしっかり汗や水分をふきとりましょう。夏場など、汗をかきやすい季節にはこまめに張り替えることも大切です。

また湿布をはがす際も、無理に引っ張るのは皮膚を傷めてしまいます。はがれにくい時はぬるま湯で湿らせてからはがしましょう。端からくるくると巻き取るように剥がすと、肌へのダメージが少なく済みます。