妊娠中に風邪薬を飲んでも大丈夫!?

薬にまつわる素朴なギモン

妊娠中に気づかず風邪薬を飲んでしまった時は?

妊娠していることに気づかず、市販の風邪薬を飲んでしまうことは実際よくあります。「妊娠初期の薬は危険」というイメージが広まっていることもあり、「赤ちゃんに何かあったらどうしよう」と悩む妊婦さんは多いものです。

しかし基本的に市販薬であれば、奇形などの心配はまずないと考えられていますので、安心して今後の薬に注意していきましょう。


催奇性のある薬はごく一部

その昔、催眠鎮静薬のサリドマイドを妊娠中に使用したことで、赤ちゃんの奇形が誘発されたという薬害がありました。「サリドマイド児」といわれ、そのあたりから特に妊娠中の薬=危険、というイメージが国内で高まったと思われます。

実際、胎児の重要器官が形成される妊娠4週~12週ごろの間は、できるだけ薬の使用は控えたほうが安全です。ただし市販の風邪薬や胃腸薬などで、胎児に悪影響を与えることはほぼないとされています。大量服用した場合はともかく、短期間、決められた用量を守っていたのなら心配しすぎずに、今後から気をつけるようにしましょう。

胎児の催奇性があるといわれる薬は、全医薬品のうちほんの一部です。たとえば乾癬などの皮膚病に用いられる「チガソン」(ビタミンA誘導体)や、抗がん剤、一部のホルモン系の薬などです。特にチガソンは、妊娠中のみならず、近い将来に妊娠を考えている人にとっても禁忌とされていますので、万が一使用していた場合はかならず医師に相談しましょう。

しかし基本的に、市販薬を普通に使用していた程度では、心配し過ぎる必要はありません。


妊娠中はどんな薬でも処方を受けよう

既に飲んでしまった薬はともかく、今後の妊娠期間ではどんな薬でも医師の処方を受けるようにしたいものです。産婦人科で処方されたものなら安心して使うことができます。

妊娠しているからといって、つらい症状を我慢しすぎるほうがむしろ母体に良くないこともあります。妊婦さんにも使用できる薬はありますので、風邪でも便秘でも貧血でも、すべて医師に相談してみましょう。

特に妊娠中は便秘や貧血が起こりやすいため、多くの妊婦さんが便を柔らかくする薬や、鉄剤などを処方されています。

ちなみに風邪をひいたとしても、それが赤ちゃんに影響を与えることはまずありません。インフルエンザのワクチンも影響はないとされ、むしろ妊婦さんには予防接種が推奨されているほどです。実際に発症してしまった時には、タミフルがもっとも安全とされています。ただし独断で使用せず、かならず医師の診察を受けましょう。