使用期限切れの薬は危ない?

薬にまつわる素朴なギモン

使用期限の過ぎた薬は危険?

食品などと同様、医薬品にも使用期限があります。保存状態にもよりますが、期限を過ぎた薬は成分が変わってしまうこともあるため注意が必要です。

市販薬ではビンや外箱に表示されていますが、病院で処方された薬は早めに使い切ることを前提としていますので見当たらないのが通常です。もし保存する場合は、処方された日付を書くようにしましょう。


使用期限は「未開封」が基本

薬の使用期限は、製薬会社がその品質を保証する期間です。薬の種類にもよりますが、一般的には製造から1年~3年が多くなっています。しかしこれは「一定の温度のもと、未開封で保存した場合」ですので、使用期限内でも開封してあれば変質が進んでしまうおそれがあります。 念のため開封後半年以上過ぎた薬は使わないようにしましょう。

食品と異なり、薬は見た目の変化が少ないですし、味や匂いで判断することが難しいものです。いつ買ったのか覚えていないような薬は、たとえ新品であっても破棄したほうが安心でしょう。 薬の効能がまったくなくなるわけではないにせよ、徐々に失われるのが通常ですし、薬によっては成分が変化して思わぬ症状が出る可能性もあります。


特にこんな薬には気をつけよう!

薬の種類でいえば、錠剤よりも軟膏やシロップのほうが変質しやすくなります。たとえば軟膏は油分が多いために、時間とともに二層に分離してしまうことがありますし、目薬やシロップのような液状の薬はカビや雑菌が混じり、増殖することがあります。 特に高温多湿の場所で保存していた場合は危険ですので、絶対に使用しないようにしましょう。

判断に迷った場合は、「開封している場合は、保存状態にもよるが半年。液状のものはなるべく使用しない」を目安にしてください。

また処方薬は、あくまでその時の病状に応じて出された薬ですので、基本的には再度使用することはおすすめできません。ただし解熱剤など、ある程度の期間保存することを前提とした薬であれば、冷暗所などに正しく保管しておきましょう。座薬は正しい向きがありますので、外箱を捨てないようにしてください。

家族の誰かが誤って服用しないためにも、年に1度は救急箱を整理し、使用期限を確認することが大切です。