ステロイドは危険な薬?

薬にまつわる素朴なギモン

ステロイド剤って怖い薬?

皮膚疾患をはじめとする炎症の症状に処方されるのが、ステロイド剤です。塗り薬だけではなく内服薬もありますが、ステロイドと聞いただけで「強い」「副作用が怖い」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

しかしステロイドに限らず、どんな薬も用法・用量を守って正しく使用すれば、他の薬では得られない良い効果を発揮してくれます。むやみに敬遠せず、「短期間でしっかり」をモットーとしましょう。


ステロイド剤のメリット

ステロイドは「副腎皮質ホルモン」ともいわれ、副腎の外側の部分(皮質)で作られるホルモンのことを指します。つねに体内で作られ、さまざまなストレスに対処する重要な役割をもつホルモンです。 このホルモンの中でも「糖質コルチコイド」という成分を化学的に合成したものが、ステロイド剤になります。

おもに炎症を抑える作用と、免疫機能を弱めることでアレルギー反応を抑える作用が代表的な効能です。これを利用して、さまざまな皮膚炎に広く用いられています。 

ステロイド剤は、その薬効の強さによっておもに5段階に分類され、症状に応じて最適なレベルの薬を処方します。軟膏でいうと「デルモベート軟膏」は最強の部類、「リンデロンDP軟膏」は2番目に強い部類に入り、処方箋がないと購入できません。

強い炎症やかゆみのある皮膚疾患などは、患者さんの精神的苦痛も大きいものです。医師の指示を守って正しく使用すれば、短期間で症状を抑えることが期待できます。 使用を長引かせないためにも、決められた期間しっかりと使い続けることが大切ですので、独断で中止しないようにしましょう。


ステロイド剤のデメリット

ステロイドが敬遠されている理由として、その薬効の強さから全身的な副作用が起こり得ることが挙げられますが、塗り薬ではかなり強いものを長期的に使わなければまず心配はありません。 たとえば内服薬のステロイド剤では長期使用によって、糖尿病や高血圧、感染症や骨粗しょう症といった副作用がみられることがあります。

ステロイド剤には炎症を抑える作用のほか、白血球の機能を低下させる、糖分を作る、もしくはカルシウムを排泄する作用もあることで、感染症や糖尿病、骨粗しょう症などにつながることがあるのです。しかし、これらはあくまで大量のステロイド剤を長期的に服用・点滴した場合であり、一般的な塗り薬ではほとんどみられません。 塗り薬では、患部の赤みやニキビなどが一般的です。

巷で流布しているような「依存性がある」「体内に蓄積される」といったウワサも真実ではありませんので、間違った情報に振り回されないようにしましょう。

どんな薬にも副作用はあります。究極的には抗がん剤が分かりやすい例になりますが、副作用と薬によって得られる効果の両方を天秤にかけ、後者のほうが大きいと判断された場合に薬は処方されるのです。 現在の症状に必要な薬であれば、きちんと用法・用量を守って適切に使用することで、得られるメリットのほうが大きいことを理解しましょう。